円満退職のためのマニュアル

労働
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、マサカズです。実際に円満退社をしたいけど、できないことってありませんか。会社が嫌になってしまい、すぐに辞めたいと思うことはあるでしょう。

しかし、それではなんか嫌だという人のためにも円満退社に必要なことを書いていこうと思います

スポンサーリンク

円満退社とは

円満退社は労働側と雇用側が合意した上で退職をすることを言います。

例えば、会社の規則で1ヶ月前に退職の意思を伝え、退職してほしいと書いてあれば、1ヶ月前に退職したい意思を伝え、それまで働いてからやめるということです。

この間に今までの仕事の引き継ぎや、次の労働者が見つかるまでのつなぎを行うわけです。だから、会社としては1ヶ月くらい前に退職宣言をしてもらいたいと思い、このような規則にしているわけです。

しかし、会社の規則があくまでも会社が思うルールであるわけで、法律では1ヶ月前ではなく、2週間前に意思を伝えれば、退職できると書かれています。

円満退社をしたいのであれば、会社の規則に従うのがいいでしょう。

円満退社を行うプロセス

実際に円満対処をする際にどのような手順で行うといいのかを1つずつ見ていきましょう。

相手に意思を伝える

円満退社を行う際に必要な手順として、相手に辞めたい意思を伝えることから始まります。

それはどのような理由なのかについて聞かれるかと思いますが、人間関係のことであればあまり言わないほうがいいでしょう。

殆どの会社では、人間関係での退職を良しと思わなかったり、その後の1ヶ月間の勤務を考えると空気が悪くなるので、別の理由で行うことが必要となります。

例えば、就活をするや、会社の仕事内容が自分にはあっていない、誰かが亡くなってしまった、親の介護をしなければいけなくなったなど、様々な理由があるかと思いますので、それを伝えるようにしましょう。

そして、相手に意思を伝える際には、退職届または退職願を提出かどうかを確認しましょう。場所によっては、書類が必要の場合があるので、総務や責任者に確認しましょう。

あくまでもここでは円満退社を基本としているため、そのようなやり方で紹介します。また違った方法に関しては、別の記事で紹介する予定です。

仕事の引き継ぎを行う

実際に退職をすることを考え、会社側の責任者や上司に伝えたのであれば、引き継ぎを行うことにしましょう。

退職する趣旨を伝えた場合、上の立場の方が次の担当者を決めることになります。そうすれば、その人に引き継ぎをしていけば良くなります。

基本的には誰かが辞めた場合、その仕事を誰かが必ず引き継ぐことになります。なので、引き継ぐ相手にしっかりと仕事を引き継ぎましょう。

雇用契約について確認をする

やめることになれば、退職日を持ってその会社との雇用契約は終了します。

あなたは会社の規約に従わずに済むわけですが、まれに入社日などに誓約書などの書類にサインしている場合があります。

その誓約書には会社の内容を話さないや、個人情報を5年間保管するなどのいろんなことが書かれています。

実際は入社日などに書類を確認してサインをするのですが、書類を読まずにサインしてしまうこともあるかと思われます。

そんな書類ですが、後々問題になるケースも存在するので、しっかりと確認しておきましょう。い

返却物・提出書類の確認

雇用契約で給料や有給など、労働者の権利がどのように書かれているのかを確認した後は、実際に返却が必要なものを把握しておきましょう。

制服などを借りている場合は、最終日まで使いますし、クリーニングなどをする関係で時間がかかるので、他のもので返却が必要なものを確認しましょう。

場合によっては提出書類や逆に送られてくる書類などもあるので、そのへんもしっかりと確認しましょう。

最後の挨拶

最終日まで勤務したら、お世話になったという意味で挨拶をしてから帰りましょう。どんな感じでもいいので、お世話になったということが伝われば大丈夫です。

これさえ終わってしまえば、一段落が付きます。

返却物の郵送

ここでは当日返却できなかった制服などをクリーニングや選択した後のことについて触れていきます。

基本的にクリーニングをしたほうがいいのですが、そこまでしなくてもいいという会社もあるので、それは確認したほうがいいです。

制服が用意できれば、郵送または手渡しで渡す方法があります。円満退社であれば、手渡しで渡してもいいですが、面倒ということであれば郵送で簡単に返してしまいましょう。

そのときに送付状を入れ、挨拶と何が入っているのかを記入しておいたほうが丁寧ですね。何が入っているのかを書いておけば、送る際にも確認ができるので一石二鳥です。

返却物を返却できれば、会社側に対してやることは終わりです。次は保険や離職票の手続きになります。

保険・離職票の提出

退職すると正社員で入っていたり、社会保険を入っている人であれば、保険の切り替えが必要となります。

今までは会社の保険が使えましたが、退職をしてしまうとその日から現在の保健証は使えなくなってしまいます。

この保険証は会社側に返却をしましょう。そして、市役所に行き、国民健康保険に加入する手続きをしましょう。

そうしないと、保険が適用されずに、3割のところが10割負担になってしまいます。国民健康保険は当日発行ができるので、その日から使用することができます。

保険を使用する予定がある人は14日以内に、国民健康保険への切り替えを行いましょう。それと同時に厚生年金も国民年金への切り替えを行いましょう。

そうすれば、市役所で手続きすることは終了となります。

次にハローワークに行き、離職票を提出しましょう。

雇用保険に加入をしていれば、その加入月によってお金が振り込まれます。1年以上の勤務をしている場合は、ハローワークに離職票を提出しましょう。

1年未満だと離職票を出しても、以前の雇用保険を加入していないとお金が振り込まれることはありませんので、注意してください。

退職までのしておきたいこと

実際に退職するというのはハードルが高いことです。なかなかやめることが言えずに苦しくなってしまい、自殺をしてしまうこともあるほどです。

そんな事にならないためにも計画を立てて、退職をするようにしましょう。

本当にやばい状態である場合は、このステップを行わずに即辞めたほうがいいです。

そのへんの話に関しては、別の記事で紹介したいと思います。

貯蓄や収入源の確認

まず、退職をするのにあたって、今後の収入などを確認しておきましょう。退職すると次の就職先が決まるまでは給料が入ってこなくなります。

正社員であれば、雇用保険を1年以上加入をしていれば、保険が降りることがありますが、時間もかかりますし、かけた金額によってになるので、期待はできません。

ある程度の貯蓄または、転職しようと思っている業界、業種、会社が決まった段階で退職をすることをおすすめします。

転職サイトに登録

仕事をしつつ、次の転職先を探すのです。最初の一歩として、転職サイトに登録をすることです。

今なら簡単に登録ができるので、転職する気が少しでもあれば登録しておくことをおすすめします。一番低いハードルもクリアしておけば、その後も強い味方になってくれるでしょう。

ハローワークで探す・公的就職支援機関の活用

二番目のハードルとして、ハローワークなどの実際にカウンセリングを行ってくれる機関を使用することです。

これは年齢よって変わってくるのですが、40代くらいまでの方でしたら、就職支援機関が別に用意されているので、そちらも活用していきましょう。

若者支援に都道府県で力を入れているので、何かしらの機関はあるかと思います。無料で利用できるので、じゃんじゃん活用していきましょう。

ここで活用することによって、あなたに向いている職や強み、弱みなどの自己分析にもなりますし、あっている会社を紹介してもらえるチャンスにもなります。

カウンセリングなどを含めるとハローワークみたいに自身で探して、応募するよりも時間がかかるので、長い目で見ておくことをおすすめします。

以上が退職までに行っておきたいことです。以上のことを確認をしておけば、実際に退職した後にも困ることがありませんし、気持ち的にも楽になるかと思います。

辞めて何も手段がないとなると、不安になるだけでなく、精神的にも余裕がなくなることにもなりますので、なるべく余裕のある行動で円満退社をすることをおすすめします。

最後に

今回はアルバイトやパートと言うよりも、正社員をターゲットとした話でした。アルバイトやパートでも活用できる点はありますので、ぜひこのような流れでやってみることをおすすめします。

この記事を書いた人
マサカズ

インフォメーションタイムズ(Information Times)・Human-Re:Tech(ヒューマン・リテック)を運営しているTECHNICALNEWの最高責任者です。
あらゆる情報をTwitterやニュースサイトなどで習得し、そこから疑問や発見を記事として記載しています。
ニュースサイト:Information Times(インフォメーションタイムズ)
社会人専門メディア:Human-Re:Tech(ヒューマン・リテック)

趣味:カラオケ・音楽鑑賞・読書など

マサカズをフォローする
労働
スポンサーリンク
Human-Re:Tech(ヒューマン・リテック)
タイトルとURLをコピーしました